MLDO-149 絶対服従を誓い玩具にされるマゾ男

MLDO-149 絶対服従を誓い玩具にされるマゾ男

ストーリー

女王様に奴隷志願をしに来たマゾ男、女王様は私の玩具となり喜ばせることができれば飼ってあげるとマゾ男に絶対服従を誓わせる。

思いもよらずに人間玩具を手にした女王様は全裸チンポ踊り、1分間オナニー射精ゲーム、人間聖水黄金便器、チングリ返しバイブアナル拡張、人間カーペット踏みつけクイズゲーム、ペットボトル水飲み責め、サイコロ強打乗馬鞭ゲーム、性処理マシン育成拘束クンニアナル舐め、ロウソクお絵かきチンポウインナーは丸焼き、フルスイングトランプ1本鞭ゲーム、電気ショック付きクンニ椅子などでマゾ男を玩具として使い容赦ない罰を与えながら1日中もて遊ぶ。

Chapter1

絶対服従の誓い

マゾ男が奴隷にして欲しいと女王様の元へやって来る。

女王様は「私のおもちゃになって楽しませることができれば飼ってあげる。そのためには絶対服従が必要よ」とマゾ男に絶対服従を誓わせる。

偶然に人間玩具を手に入れた女王様はさっそく玩具を使って舌靴磨き、人間馬での乗馬、マッサージなどで遊び始め、マゾ男が手を抜くとビンタや乗馬鞭でお仕置きをする。

絶対服従を誓ったマゾ男は女王様の言いなりにするしかない。

Chapter2

チンポ踊り

女王様はマゾ男を全裸にするとチンポを観察し「小さいねアハハハ、なんでこんなに黒いの、オナニーは週に何回するの?」と辱め、「体を動かしてチンポをブルンブルンと躍らせてみて」と全裸チンポ踊りを目の前でさせる。

マゾ男は飛び跳ね腰を激しく動かしチンポを揺らす、チンポは上下にブルンブルンと弾み左右にパチパチと音を立てながら暴れまくる。

女王様はそのチンポ踊りを見ながら「もっと激しく、上下に、左右に、アハハハ、チンポ踊ってるよ」と乗馬鞭でチンポを突いては笑い転げる。

マゾ男は目の前でチンポを見られ笑われ恥ずかしながらも興奮している。

Chapter3

1分間ストップウオッチ射精オナニーショー

女王様はストップウオッチを手にすると「絶対服従だよね?じゃー私の見ている前でオナニーして1分間で射精してみて、射精できなかったらお仕置きねアハハハ」と1分間ストップウオッチ射精オナニーショーをさせる。

女王様の「スタート!」との掛け声でマゾ男は目の前でオナニーを始め1分で射精しなければお仕置きのため高速でチンポをしごく、女王様は笑いオナニーショーを観察し「もう20秒経過、あと10秒、54321」などと笑っている。

しかし1分間では到底射精はできず女王様はマゾ男を四つん這いにさせるとお仕置きとして乗馬鞭を思い切り振りおろし容赦なく浴びせる。

あまりの強烈な鞭にマゾ男は泣きだしそうである、しかし女王様は「次は射精できるかな?」と繰り返しオナニーショーをさせ笑っては鞭を浴びせまくる。

Chapter4

射精できない罰でクソを食わせる

マゾ男が射精できないと女王様は黄金の罰を与える、女王様はマゾ男を洋式便器の下に縛り
「似合ってるねー、お前は言いつけが守れない悪い子だから罰として私のウンコを食べさせますアハハハ」と言い放ち、マゾ男の口を口開器で閉じられなくしてパンティーを下し便座に座りマゾ男を見下ろし「じゃーウンコしーちゃおう!いいか私の言いつけを守れないとこうなるのよ、ケツの穴からクソが垂れるのをしっかり目に焼き付けておけよアハハハ」と踏ん張りだす、最初に小便(聖水)が勢いよく放出されマゾ男の口や顔は洪水となる。

すると女王様の肛門からクソが顔を出し重力に従って垂れ下がってくる。見事な1本グソである。マゾ男はその一部始終を見るはめになる。

女王様が肛門に力を入れるとついに1本グゾは切れマゾ男の口と顔に滑り落ちた。

女王様は「クソまみれになっちゃったねアハハハ」と口に入りきれなかったクソをトングで全て口に押し込みガムテープを貼って
「これで全部食べるしかないね、人間クソ便器ってどんな気分?アハハハ、おいしい?ウンコってどんな味がするの?アハハハ」と笑い、便座上からクソに苦しむマゾ男を見下ろして「ねえ、目の前のケツの穴からクソが顔に落ちてくるってどんな気分だったの?地獄?アハハハハ」と立ち去ってしまう。

絶対服従を誓い玩具にされるマゾ男は完食まで放置される。

Chapter5

ケツ穴拡張

イスに座っている女王様の横でマゾ男はチングリ返しで縛られ尻が上向き状態である、女王様は「アナルを拡張して遊ぼうか」とマゾ男のパンツをハサミで切ると「あらアナルが丸見えよアハハハ」と笑う。

女王様はアナル拡張用に4本の大きさのティルドを用意していて細いティルドから順番にアナルに挿入し拡張して遊ぶ。

「女王様はゆっくりティルドを挿入したと思えば「1212」と掛け声で早く出し入れしたり「エイっ!」とアナル奥深く挿入し止めたりしてマゾ男のアナルを拡張し遊んでいる、女王様が力一杯アナル奥深くにティルドを挿入し止めるのでマゾ男は悲鳴を上げて苦しむ。

散々アナルを拡張して遊んだ女王様は1番太いティルドをアナル奥深く挿入させ抜けないようにガムテープで止めて
「よし!アナルが拡張するまで今日1日このまま放置ね、ねぇ、バイブおいしい?アハハハ、お尻の穴ってウンコ出すところだよね、何か入れるところじゃないよね、アハハハ」と立ち去りマゾ男は1日放置される。

Chapter6

人間カーペットクイズゲーム

女王様は「私の奴隷は頭も良くないとならないの、頭の運動でもしましょうか」とマゾ男を床に寝かせ手錠を掛ける。

女王様は「私がクイズを出すから答えなさい、体をマッサージして血の循環を良くすれば頭にも血が巡って正解が出やすいよ」とマゾ男を人間カーペットにして体に乗り、正解が出るまで飛び跳ね踏みつける。

マゾ男は頭や顔やチンポに乗られ苦しみながら正解を出さないとならない、女王様はマゾ男を気にすることなく笑って踏みまくっている、女王様が両足で頭や顔に乗り全体重をかけるとマゾ男はもがき苦しむ。

Chapter7

水責めの刑

人間カーペットクイズで正解するのが遅かったマゾ男は水責めの罰を受ける。
マゾ男は縛られて床に寝かされ女王様は口に如雨露を咥えさせツバや痰を吐き飲ませペットボトルの水を一気に流し込む。

マゾ男はむせ返り水をこぼしてしまうと女王様に踏みつけられる。

水責めは相当辛い罰なのだが女王様は笑いながら容赦なく水を如雨露に流し込みマゾ男はダウン寸前である。

女王様は「誰がいけないの?お前が正解を出すのが遅くてバカだからいけないんでしょ、絶対服従だよねアハハハ」と水責めを続けまくる。

Chapter8

小便人間便器と人間トイレットペーパー

女王様は水責めが終わるとマゾ男を小便人間便器にさせ口めがけて小便を放出する、大量の小便がマゾ男の口や顔を直撃する。

女王様は小便が終わると「ほら、人間トイレットペーパーだ、舐めて掃除しなさい」とマゾ男の顔に座る。

マゾ男は小便をしたばかりのマンコをペロペロと舐めてたっぷりと掃除させられる。

女王様は床にこぼれた小便を「次は人間掃除機だ、舐め取りなさい」とマゾ男に舐め取らせる。

Chapter9

サイコロ乗馬鞭ゲーム

女王様はマゾ男を拘束台に四つん這いに縛り「次は乗馬鞭で遊ぶけどただメッタ打ちにしてもつまらないからサイコロでゲームしながら遊びましょフフフ」とサイコロを見せる。

サイコロ乗馬鞭ゲームはマゾ男がサイコロを咥えて投げ1が出ると女王様がお尻を頭にこすりつけてくれて、2は股間をこすりつけてくれる。

しかし3は鞭3発、4は4発、5は5発、6は6発という運が左右する恐怖のゲームなのである。

マゾ男は震えながらサイコロを投げる、鞭の目が出ると女王様は乗馬鞭をフルスイングでマゾ男の尻や背中に浴びせる。

あまりに鞭が強いのでマゾ男は泣く寸前である。

この恐怖のゲームを女王様は飽きるまで笑いながら続けマゾ男の体はボロボロになっていく。

Chapter10

ソウソクお絵かきとウインナー焼き

マゾ男は床に寝かされ人間スケッチブックにされる。

女王様は「次はこのロウソクでお絵かきして遊びましょ、動いて描けなかったらやり直しよアハハハ」とロウソクを見せる、女王様はロウソクに火をつけマゾ男の体に垂らして絵を描いてゆく。

あまりの熱さにマゾ男が動いてしまうと「動くな、やり直し!」と踏みつけ鞭で叩かれる。
女王様は絵を描くと「そろそろウインナーでも焼きますかアハハハ」とマゾ男のパンツを下しペニスに直接ロウソクを垂らし「ウインナーは赤いよね?いい色に焼き上がってきたよアハハハ」と笑う。

マゾ男はあまりのチンポの熱さに悲鳴を上げる。

Chapter11

人間聖水便器

ウインナーが焼き終わると女王様はマゾ男を再び人間聖水便器にする。

マゾ男は寝かされ口を開かされる、女王様は男の顔の上に立ちかがむと口めがけて小便を放出する。

小便は口と顔を直撃しマゾ男の顔はビシャビシャになる。

小便が終わった女王様はマゾ男の顔に座ると人間トイレットペーパーにして小便で汚れたオマンコの隅々まで舐めて掃除させる。

もちろん床にこぼれた小便は人間掃除機としてマゾ男は舐め取らされる。

絶対服従を誓い玩具にされるマゾ男なので仕方がない。

Chapter12

人間性処理マシンクンニ特訓

マゾ男は床に寝かされ縛られている、女王様は「次はクンニの特訓ね、私が命令したらよしと言うまでお前は何時間でも私のオマンコやケツの穴を舐めて奉仕しないとならないのよ」とクンニ舌舐め奉仕の特訓に入る。

女王様はマゾ男の顔の上に座りマゾ男はオマンコとケツの穴を赦しがあるまで延々と舐め奉仕しなければならない。

女王様は「ご主人様のケツの味とオマンコの味を覚えろ、私をイカせなさい、クリに吸い付いてしゃぶれ、私だけ気持ちよくてズルイよねアハハハ」などと笑いながら満足いくまで舐めさせる。

マゾ男は手を抜くと女王様がチンポを握り潰したり叩いたりしてお仕置きするため必死に舐めるしかなかった。

女王様は「お前が完全な人間性処理マシンになるまで毎日続くのよ」とオマンコを舐めているマゾ男を見下ろして笑う。

Chapter13

クンニ特訓の罰は人間クソ便器

マゾ男は洋式便器の下に縛られている、女王様は「お前はクンニで私をイカせられなかったから罰として私のクソを食わせる」と罰を与える。

マゾ男は口開器で口を閉じられなくされ女王様はパンティーを下して便座に座りマゾ男を見下ろしながら「いいか、私の肛門を良く見ておきなさい、クソが顔を出したらあきらめるんだなアハハハ、イヤなら早く上手なクンニマシンになるんだな」と肛門に力を入れる。

クソが顔を出しマゾ男の顔に垂れ迫る、そして女王様が踏ん張ると無残にもクソはマゾ男の口や顔に垂れ落ちた。

マゾ男の口や顔はクソまみれになり女王様はゴム手袋をしてクソを全て口に押し込むとガムテープで塞ぎ
「誰がいけないの?絶対服従でしょ、ウンコ食べさせられるってどんな気分なの?人間クソ便器になる気分は?アハハハ」と笑う。

女王様は便座の上から苦しむマゾ男を見下ろして「ねえ、ケツの穴からクソが見えた時ってどんな気分なの?絶望?アハハハ」立ち去り残されたマゾ男は完食するしかなかった。

Chapter14

トランプ1本鞭ゲーム

次は大沢美由紀女王様が大好きなトランプ1本鞭ゲームである。

これはトランプを引いた数字で1が出れば女王様がペニスをなでてくれて2が出ればお尻をペニスにこすりつけてくれる。

しかし3は鞭3発、5は5発、7は7発、10は10発と言う天国と地獄のゲームである。

引いたトランプは1度だけチェンジでき女王様だけが先に見て「良いカードだよ、これはチェンジした方が良いよ」などウソをつくので表情を見て判断しなければならない。

鞭打ちのカードが出ると女王様は容赦ない強烈な1本鞭を浴びせる。

ためマゾ男の体はあっという間に赤く腫れ上がりあまりの強さに泣きべそをかく。

女王様は「残念だったねアハハハ、良いカードがでるといいねー」などと笑いながらのこゲームを楽しみ鞭を浴びせまくる。

Chapter15

クンニ椅子人間性処理マシン特訓

マゾ男はイスの座面に首だけが出るクンニ専用イスに縛られ首だけが出ている、マゾ男の体には低周波パルス電流が貼られスイッチがイスに置いてある。

女王様は「今日もクンニの特訓ね、お前が完璧な性処理マシンになるまで毎日特訓よ」とパンティーを脱ぎイスに座る。

女王様のマンコがマゾ男の顔の数センチ前に迫る。

女王様は「ほら、目の前のオマンコ見なさい、お前は一生舐め続けてこのオマンコに尽くすことになるのよ、このオマンコは私と同じでお前のご主人様よ、分かる?お前のご主人様に舐め奉仕を始めなさい」とクンニを命令する。

マゾ男が上手に舐められないと女王様は電流のスイッチを持ち「ほら見て、このスイッチをこうやってONにすると・・・」マゾ男の体に電流が走りマゾ男は悲鳴を上げ「アハハハ止めて欲しい?しっかり舐める?」と電流を流して痛みつける。

女王様はクンニさせながら本を読んでいるが時より必死にマンコを舐め奉仕するマゾ男を見下ろしては「ほらご主人様がもっとペロペロしなさい、舐め犬おいしいか?お前は一生このオマンコに支配されるんだよ、私だけ気持ちよくてズルイよねアハハハ、クリを吸うんだよフフフ」と笑いながら言う。

女王様は本を読み終えるまでに3回イカせるように命令すると舐めさせながら読書にふける。

MLDO-149 絶対服従を誓い玩具にされるマゾ男

出演:大沢美由紀

MLDO-149 絶対服従を誓い玩具にされるマゾ男 M男動画配信中!

DVD販売中

ダウンロード販売中

サンプル動画はダウンロードしてご自由にサイトやブログでご活用ください。



【スマートフォンで再生できるmp4版はこちら】