MLDO-139 空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人

MLDO-139 空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人

出演:マニア東京 Yun(ユン)

MLDO-139 空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人
M男動画配信中!

DVD販売中

ダウンロード販売中

ストーリー

某刑務所の特別独房は刑務所所長の娘である女看守専用の独房として作られ、極度のサド癖がある娘は囚人の中から好みの者を選び投獄しては服従させ人間玩具にし自分の性癖を満たしている。娘は囚人に水と食事を一切与えず射精もさせないことから楽しんでいく、始めは娘に従わない囚人だが空腹には耐えられず射精管理もされ徐々に屈辱的な命令に従うようになり娘の性玩具、虐待人形へと化し娘の糞便までも食うように支配されていく。所長の娘のこの特別独房の存在は刑務所内で暗黙の了解となっており口にする者は誰もいない。女看守が囚人をじわりじわりと精神的に追い込み落としていく作品。

Chapter1

特別独房投獄2日目

真っ暗闇の独房に囚人は2日間水も食事も与えられないまま放置されている。2日ぶりに照明が灯されると女看守が水とパンを持ってやって来る。

囚人は「み、水、水・・」と横に寝ながら息絶え絶えに求めるが女看守は囚人の顔をブーツで踏みつけ笑みを浮かべる。

女看守は「私は刑務所所長の娘で、ここは私専用の独房で誰も来ないし私に服従しない限り出ることはできない」と告げる。

囚人の罪名は婦女暴行で若い娘の家に侵入しては縛り上げ飽きるまで何度も犯し、しかも全て膣内に射精するという行為を15件も繰り返したのだ。

女看守は「だから私がお前を選んで投獄し、両手を縛ってあるのはオナニーさせないためだ、お前の射精は私が管理する」と言い放つ。

Chapter2

服従調教の開始

女看守はわざと囚人を2日間空腹にさせ水とパンをチラつかせて射精管理もし服従調教を開始する。
「水が欲しければパンツを下してケツの穴でも見せてもらおうかフフフ」
しかし囚人は恥じを重んじてできないと言うと女看守は喉から手が出るほど欲しい水を床にこぼし
「あーあー大切なお水が、私の言う事聞かないとお水は飲めないのよ、さっさとケツの穴を見せなさい」と命令する。

しかし拒否する囚人に「そう、どうせ私の言いなりになるんだから最初から服従すればいいのに、お水はお預けね、せいぜい死なないように頑張りなさいアハハハ」と立ち去ってしまう。

囚人の「お水を下さい、お願いします」の声がむなしく響くまま照明は消され再び暗闇での放置の時間が訪れる。

Chapter3

特別独房投獄4日目ケツ穴拝見

囚人は4日飲まず食わず放置されグッタリしている。女看守がやって来て「どう反省した?私に従う気になった?」と顔を踏みつける。

囚人は空腹に耐えられず「し、従います」と言うと女看守は「じゃぁ、こないだの続きね、ケツの穴を見せてちょうだいフフフ」とイスに座る。

囚人が四つんばいになりパンツを下してケツを晒し出すと女看守は「アハハハやればできるじゃない」と笑い言い放つ。

女看守は更に「自分でケツを広げてアナルを見せろ、ケツを犬のようにフリフリ振って踊れ」と屈辱的な命令を出しては囚人にさせ乗馬鞭でケツを叩きながら笑って楽しむ。

Chapter4

チンポ踊り

女看守は「次はパンツを下してチンポを見せろ」と命令する。空腹には勝てない囚人はチンポを出して女看守にさらけ出す。

女看守は囚人のチンポを凝視すると
「ねぇ、包茎なの?アハハハ、これ子供のオチンチンと一緒だよね、包茎の男ってみじめだよね、しかも短小、女の子の奥まで届かないよねアハハ」と屈辱的な言葉を浴びせ笑う。

女看守は「チンポ揺らしてチンポ踊り見せてよ」と更に屈辱的な命令を出し囚人がチンポをブルンブルン揺らしながら踊ると「包茎短小チンポが踊ってるよアハハハ」と笑い転げる。

女看守はご褒美だと水を与えようと囚人に口を開けさせる、しかし女看守は水を自分の口に含むと囚人の顔めがけ吐き出し水は床にこぼれ落ちてしまう。

女看守は「間違えちゃったゴメンねアハハ、ほら這いつくばって床の水を舐め取りなさい」と命令し4日ぶりの水欲しさに囚人は恥じを忘れて床の水に吸い付く。

女看守は「水でブーツが汚れちゃった、舐めて掃除しなさい」と言うが囚人はできない。すると女看守は立ち去ってしまい、囚人は再び暗闇での反省の時間を過ごさなくてはならない。

Chapter5

特別独房投獄5日目 ブーツ舐め掃除

5日で水しか与えられてない囚人はグッタリしている。女看守がやって来て
「反省した?水も食べ物もなくオナニーもできないで飼い殺しにされてる気分はどう?アハハハ」とイスに座りブーツを囚人の前に出して再度舐め掃除するように命令する。

空腹に耐えかねた囚人はブーツを舐めて掃除を始める。女看守は
「アハハハ、お前人間として恥ずかしくないの?靴のお味はどうですか?」となどと罵る。

女看守はブーツを舐め掃除したご褒美にパンを与えると言い囚人の口元までパンを運ぶが直前で床に落としブーツで踏み潰す。女看守は

「ほら、這いつくばって食べろ」と言うと空腹の囚人は床のパンとブーツの底に張り付いたパンをガツガツと食べる。

囚人が水を求めると女看守は皿を差出し置くとパンティーを脱いでコップを股間に当てると小便を放出し、コップの小便を皿に入れてその中に水を注いだ。

囚人は大切な水が小便と混じり「あああっ」と皿を見つめる、女看守は「今日からお前は私の小便入りの水しか飲めないのよ、さあお飲み」とニコニコしている。

しかし囚人は飲めずにいると女看守は「飲めないの?じゃぁまた反省の時間を過ごしなさい」と立ち去ってしまう。

Chapter6

特別独房投獄7日目 小便水を飲む

小便水が飲めずに囚人はグッタリしている。女看守がやって来て「どれどれ小便水は飲んだかな」と器を覗くと小便水は減ってない。

「あら飲んでないじゃない、じゃぁまた3日後に来るから反省の時間を過ごしなさい」と立ち去ろうとすると囚人は「飲みます、飲みます」と観念する。

囚人は女看守が見守る中、犬のように小便水をペロペロと飲みだした。

女看守は「私のおしっこどんな味がするの?アハハハ」と笑い飛ばし「お腹も空いてるんでしょ、ほら」とパンを囚人の口元まで運ぶが直前で小便水の皿の中に落として
「あら、ごめんなさい落ちちゃった、小便味のパンもおいしいよ、食べなさい」と微笑む。

空腹の囚人は小便水の中のパンを食べると女看守は「おしっこパンおいしいかしら?アハハハ」と罵声を浴びせる。

女看守は囚人に首輪とリードを装着させるとパンティーを脱いで立ちリードを手にし「オマンコ舐めろ」と命令する、囚人が「で、できません」と言うとリードを引っ張り囚人の顔をオマンコにこすり付け「オマンコ舐めて奉仕するんだよ、私が命令したら何時間でも舐めるんだ」と言い放つ。

Chapter7

オマンコ舐めろ

囚人がオマンコを舐めないので女看守は牢屋のカギを開け中に入ると囚人に襲いかかり顔をオマンコに付けたりビンタや踏みつけで痛みつけ顔面騎乗で跨ったりして力ずくで囚人にオマンコを舐めさせようとする。

逃げる囚人と舐めさせる女看守の攻防が続く、女看守の「オマンコ舐めろ、奉仕するんだよ、これでも舐めないか、ペロペロするんだ、言う事聞け」声と痛みつける音が響き渡る。

Chapter8

特別独房投獄9日目 オマンコ舐めと寸止め

オマンコを舐めない囚人は更に放置され女看守がやって来る。

女看守は「オマンコ舐める気になった?舐めないと水も食べ物も一切与えないよ、観念して舐めようよ、ねっ」と打って変わって優しい口調で囚人を口説き落とすと囚人はうなずた。

女看守が開脚して立ちオマンコを鉄格子に近づけると囚人はオマンコをペロペロと舐めだした。

女看守は「アハハハ、人を服従させて自分のマンコを舐めさせる、初めて舌がマンコに触れた瞬間がたまらないんだよ、分かる?この征服感?アハハハ」と自分のオマンコを舐めている囚人を見下ろして笑う。

そして囚人は女看守がイクまでオマンコを舐めさせられる。自分がイクと女看守は「あースッキリした、オマンコペロペロご苦労さんアハハハ、お前も9日も射精禁止しているからそろそろオナニーでも見学させてもらおうかな、私の見ている前でオナニーしろ」と命じイスに座り囚人を立たせてオナニーさせる。

女看守に「人前でオナニーさせられて恥ずかしくないの?包茎短小チンポをもっとシゴけよアハハハ」などと言われながらひたすらオナニーする囚人はイキそうになる。すると女看守は「よし、止めろ」とストップさせ再び囚人の両手を縛り上げる。

女看守は「あと少しで射精できたのに残念だったわね、お前は寸止めを繰り返し精子を溜め込んで苦しむのよ、私だけイカせてもらってごめんなさいねアハハハ」と立ち去ってしまう。

射精直前で止められ勃起したままの囚人のチンポが反り返っている。

Chapter9

特別独房投獄11日目 小便如雨露飲ませ

女看守は「水分補給の時間だ」とコップに小便をし水を足し如雨露にホースが付いた聖水器を囚人に咥えさせ「さあ、おしっこ入りのお水をたっぷり飲みなさいアハハハ」と如雨露にツバを吐いたあとコップの小便水を流し込む、ホースを伝わって囚人の口に小便水がドクドクと流しきまれる。

女看守は「栄養たっぷりで良かったわねアハハハ」と笑い飛ばす。

Chapter10

特別独房投獄13日目 踏みつけたパン

女看守は「さあ、食事の時間よ」とパンをちぎり床に落としツバを吐きかけブーツで踏み潰し囚人に食事を与える。

女看守はパンをそのまま与えることは無い、必ずこのような屈辱的な方法で与える。

囚人は空腹から踏み潰され床に張り付いたパン、女看守のブーツの底に張り付いたパンをガツガツ食べる。

女看守は「そんなにガツガツ食べないの、アハハハ」と笑いながら見下ろしている。

Chapter11

特別独房投獄14日目 オマンコとケツ穴舐め奉仕

女看守は鉄格子ギリギリにイスを置き座り、パンティーを脱いで両足を上げて開脚している。

囚人は四つんばいになり鉄格子から顔を出し女看守のオマンコを舐めさせられている。

女看守は手に乗馬鞭を持ち「私がよしと言うまで何時間でも舐めて奉仕するのよ、そうじゃないクリを舐めるんだよ、いい眺めだ、毎日特訓させるからな」などと言いながら鞭で囚人を叩いてクンニ奉仕を満喫する。

女看守は四つんばいでお尻を鉄格子に近づけると「よし、今度はケツの穴を舐め掃除しろ」と囚人にアナルを舐めさせる。

女看守は「ケツの穴はどんな味がするの?うんこ味?アハハハ、ケツの穴に舌を滑らせて中も掃除しろ、毎日ケツの穴を舐め掃除させてやるからな」などと言いながら延々と囚人にアナルを舐めさせる。

Chapter12

特別独房投獄16日目 オナニー寸止め

囚人は立たされ女看守の見ている前でオナニーをさせられている。

女看守は乗馬鞭で囚人のチンポをいじりながら「ほら、1212・1212包茎短小チンポをもっとシゴけ、立ってもこれだけ?アハハハ」などと言いながら囚人のオナニー姿を見ながら笑っている。

囚人がイキそうになると女看守はオナニーの手を止めさせ寸止めし決して射精はさせない、女看守はこうして射精管理し囚人の性欲を常に最高の状態に保ち服従させているのである。

女看守が「射精したければ土下座して私に頼んでみろ」と言うと囚人は土下座して「毎日寸止めで精子がパンパンに溜まってるんです、お願いします、射精の許可を下さい」と嘆願する。

しかし女看守は「アハハハ、ダメ、毎日お前にオマンコ舐めさせて私だけイッて、お前は毎日寸止めでイケないってズルいよね?アハハハ」と射精の許可は今日も出さない。

Chapter13

特別独房投獄18日目 ペニバン強姦

囚人は四つんばいにされ鉄格子に尻が近づくように縄で縛られ動けない。

女看守は「これからお前の処女をもらう、ここのねアハハハ」と尻を踏みつけ笑う。

女看守がペニスバンドを装着すると囚人は「許して下さい」と泣き頼むが「お前の処女ケツは私のものだ、覚悟しろ」と女看守は囚人のパンツを下げ容赦なくアナルにペニスを挿入し犯し始める。

女看守は「毎日ケツ穴開発してやる、お前は私のものだ、犯されてる気分はどうですか?アハハハ」などと言いながらズボズボとペニスをアナルに突っ込んでいる。

女看守はさんざんアナルを犯すとペニスを抜き、代わりにペニスティルドをアナルに突っ込み抜けないようにガムテープで固定し「よし、アナルが拡張するように今日は1日このまま放置だアハハハ」と言い放つ。

Chapter14

特別独房投獄19日目 今日から小便のみ

女看守はいつもの水分補給のように股間にコップを当て小便をする。しかしいつもは小便に水を加えて囚人に与えるのだが今日はしない。すると「今日からお前の水分補給は私の小便のみとする」と言い放つ。

囚人は「そ、そんな、いつものように水を混ぜて下さい」と嘆願するが女看守は「ダメだ、今日から小便のみだ、飲まないなら一切水分は与えないぞ」と水は混ぜない。

そして聖水器を囚人に咥えさせ、ツバと小便飲みを流しこむ。そしていつものようにパンを床に落としてブーツで踏みつぶしツバを吐いて「ほら、飯だ、食えアハハハ」と囚人に与える。

Chapter15

特別独房投獄22日目 クンニ読書

女看守は鉄格子ギリギリにイスを置き座り、パンティーを脱いで両足を上げて開脚し本を読んでいる。囚人はいつものように四つんばいになりオマンコを舐めさせられている。

女看守は手にリードと鞭を持ち「一生懸命舐めないと食事抜きだぞ、今日は2回イクまでだからな」などと言いながらクンニさせ自分は読書している。

囚人が手を抜けば鞭で叩き2回イクまで延々と囚人にオマンコを舐めさせる。

囚人は完全にオナニーマシンにさせられている。

Chapter16

特別独房投獄23日目 毎日続く寸止め射精管理

囚人は今日も女看守の見ている前でオナニーをさせられている。

女看守は乗馬鞭で囚人のチンポにいたずらしながらオナニーを強要する。そして囚人がイキそうになると寸止めさせ再び両手を縛り決して射精はさせない。

女看守は「今日で23日か毎日寸止めで溜まりまくった精子吐き出したいか?アハハハ」と射精管理を楽しむ。

男にとって射精管理されることは本当に辛く、管理する女性に完全に従うようになっていくのである。

Chapter17

特別独房投獄25日目 フェラチオ、ペニバン

女看守はペニスバンドを装着し鉄格子越しに囚人にフェラチオをさせている。

「ほら、しゃぶれ、おいしいかー?アハハハ、屈辱的だね」などと言いながら時にはゆっくり時には早くペニスを動かし、囚人の喉深くまでペニスを突っ込んで頭を押さえつける、囚人はむせ返りゲホゲホしている。

そして「よし、尻を向けてケツを出せ」と囚人にアナルを出させると
「お前は私のものだ、おいしいか?チンポおいしいか?毎日開発しないとなアハハハ」とアナルを犯しまくる。

Chapter18

特別独房投獄27日目 今日から飯は私のクソだ

囚人の食事の時間だが今日は様子がおかしい。女看守は皿を床に置くとパンティーを下げしゃがみ込む。

女看守が力むとケツの穴からクソが顔を出し更に力むとクソがモリモリと皿の中に落ちて溜まっていく。

女看守はその皿を囚人の前に置くと「今日からお前の飯は私のクソだ、クソしか与えない」と言い放った。

囚人は「そ、そんなー、お許し下さい」と泣き叫ぶが女看守は「ダメだ、クソのみだ、さあ食え」と突き離す。

しかし囚人は食べられるはずもない。

Chapter19

力ずくでクソを食わせる

囚人がクソを食わないと女看守は牢に入り「ほら、食え、今日からこれしか食えないんだよ、あきらめろ」と囚人の顔を皿に近づけ、殴り踏みつけ力ずくで食べさせようとする。

逃げる囚人と食わせる女看守の攻防が続く。さんざん逃げ回った囚人だが後ろから首を抑えられると女看守はゴム手袋をしてクソをつかむと囚人の口にクソを押し込みガムテープで口を塞いだ。

女看守は牢を出ると「これで食べるしかないねアハハハ、3日も溜まったうんこおいしいなーアハハハ、ねぇ、ウンコってどんな味がするの?アハハ、完食するまで放置だからな」と立ち去ってしまう。

囚人は手を縛られ口をガムテープで縛られクソが徐々に消化される悪夢の時間を過ごすはめになる。

Chapter20

特別独房投獄30日目 飯はクソ水分は小便

女看守は小便をグラスに入れてやって来て「どれどれ私のウンコ食べたかなー」と囚人の口のガムテープを剥がすと口の中のクソは無くなっていた。

「あら、ちゃんと食べたじゃない、まぁ食べるしか無かったけどねアハハハ」と笑って言う。

女看守は「さあ、今日もお前の食事絞り出してやるからねー」と皿に再びクソをして囚人の前に置き、別の皿も置いて小便を注ぎ
「さぁ、私のクソと小便を召し上がれ」と微笑む。

しかし囚人は食べられない。すると女看守は「ねぇ、もうこれしか与えられないんだよ、食べないと餓死しちゃうよ、食べないとまたガムテープだよ、あきらめて食べようよ、ねっ」と優しい口調で説得する。

囚人は拒否してもまたガムテープでクソを食わされるので選択の余地も無く恐る恐る皿のクソを食べ始める。

自らクソを食べ始めた囚人を見た女看守は「アハハハ、とうとう自分からクソを食うようになったか、昨日はお肉たっぷり食べたから栄養満点だよアハハハ、お前私が便秘になったら死んじゃうね、毎日たくさん食べてウンコモリモリ出さないとねアハハハ」と笑い飛ばす。

Chapter21

特別独房投獄35日目 連続射精、抜き地獄、射精祭り

囚人は全裸にされ両手足と腰を鉄格子に縛られ動けない状態である。

女看守は「お前は35日も精子溜め込まれてつらいだろ、今日は射精させてあげる」と優しい声で言うと囚人は「あ、ありがとうございます」と喜びの声を上げる。

女看守は手袋をすると鉄格子から突き出たチンポを「良かったねー、たくさん射精しなさい」とチンポをシゴキ始める。

精子が溜まりまくっていた囚人は大量のザーメンを放出すると女看守は「出た出た、でもこれからが本番なのよ、お前に優しくするわけないだろ、今日は抜き地獄だアハハハ」とチンポを続けてシゴキたてる。

射精直後のチンポを強烈にシゴかれ囚人は「うわー、お許し下さい、助けてー」と悲鳴を上げるが、女看守は「一滴残らず絞りだしてやる、今日は射精祭りだそれそれー、アハハハ、何発出せるかなー、苦しいか?苦しいのかーアハハハ」と容赦なくチンポを無造作にシゴキたてる。

Chapter22

特別独房投獄40日目 自分のクソと小便が食事

女看守は皿を2つ持って来て囚人の前に置き「1つはお前の小便用の皿、もう1つはお前のクソ用の皿だ、そして今日からこれがお前の食事だアハハハ」と言い放つ。

「そ、そんなー、お許し下さい」と半べそをかきながら言う囚人に女看守は「お前はもう完全に私に服従し何でもできるように仕込んだ、だからもうつまらないんだよ、私は今日から1ヶ月海外でバケーションだ、だから1ヶ月間自分のクソを食べて、自分の小便を飲んで生き延びなさい、もし生きてたら一般房に戻してあげる、じゃーせいぜい自分のウンコ食べて頑張ってねー、バイバイー、アハハハ」と立ち去ってしまう。

再び照明を消され真っ暗闇の中、囚人の「待って下さい、助けて下さい、お願いします」の声だけが響き渡っている。

MLDO-139 空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人

出演:Yun(ユン)

MLDO-139 空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人
M男動画配信中!

DVD販売中

ダウンロード販売中

サンプル動画はダウンロードしてご自由にサイトやブログでご活用ください。



【スマートフォンで再生できるmp4版はこちら】